童話作家 安房直子さんが遺した景色

安房直子さんの作品を紹介しています。
童話作家 安房直子さんが遺した景色 TOP  > 

亀に魅入られた娘『日暮れの海のものがたり』


『日暮れの海のものがたり』


☆あらすじ☆

海のほとりの小さな村に縫い物の上手な娘がいました。
仕立て物をしている、いとばあさんと暮らしているさえと言う娘が
どこの生まれで歳はいくつなのか、知っている者は誰もいません。

何年も前の夏の夕暮れ、いとばあさんのところにやってきた娘は、
追われているのでかくまってほしいと頼んだのです。

さえはこの村にたどり着く前に、大きな海亀との約束を破って
逃げてきたのでした。

病気で死ぬのを待つしかない好きな人を助けたいがために
亀の甲羅一枚と引き換えにその亀と結婚するという約束を
してしまったのです。

しかし、好きな人には結婚を約束している娘がいたのでした。
病気が治ったら一緒にどこかに逃げようと思っていたさえの淡い考えは
もろくも崩れ去ってしまったのです。

それからというもの夕暮れになると、さえの家の窓の下に海亀がやってきては
「約束忘れちゃいけないよ」と低い声でつぶやくのでした。



kikito




追いかけられている娘の気持ちを思うと、どれほどの恐怖だったろうと思う反面、
裏切られた亀の哀しさに胸が苦しくなる思いがしました。
想う人を助けたい一心ではじめから守るつもりもない約束をしたけれど、
結局好きな人と添い遂げることが出来なかった娘。

因果報応、当然の報い、そんな言葉が頭をよぎるのですが、
それは娘にも自分のした仕打ちに気づいていることでしょう。
それでも、亀と結婚という気持ちにはなれなかったのです。

いとばあさんと出会えて、娘は少し救われたかもしれないけれど、
最後まで娘と亀の哀しさや辛さが重苦しく残ったままで、
なんとも言いようのない気持ちになった物語でした。







関連記事
[ 2019/11/03 00:00 ] お話「は行」 | TB(-) | CM(0)

耳の遠くなったおばあさんと山の風からの贈り物『秋の音』


『秋の音』


☆あらすじ☆

「この頃、耳が悪くなりまして電話の話がよく分からなくなりました。
…電話の代わりに手紙をください。どうか御用はみんな手紙にしてください。」

耳が悪くなってきたおばあさんは電話がかかってくるとこんなふうに一息に言うと
最後にごめんなさいと言って電話を切りました。

そとに出て誰かに会っても、話がよく分からなくなってきてしまいました。

耳が悪くなって、おばあさんの周りが静かになってくると
そのかわりにいろんなものを良く見るようになりました。

ベランダに咲いているコスモスや空一面の夕焼け雲を、
いつまでも眺めるのが好きになりました。

ある日のこと、小さな小さな荷物が届きました。
茶色い小包の後ろには「山の風より」と書かれてあります。
包みを開けてみると、中からくるみが三つ転がり出てきたのです。



kukuku




今まで聞こえていたのに徐々に耳が遠くなっていくことで、
代わりに目に見えるものを大切に感じていったおばあさん。
それでも、聞こえないことで不安になることもあったでしょう。

山の風から届いたくるみは故郷を思い出させてくれるものでした。

でも、くるみが見せてくれたのは懐かしさだけではなく、
不思議で楽しい出来事でもありました。
そして、聞こえなくなっていた耳にも嬉しい奇跡が…。

安房さんのリズミカルで楽しくて優しい言葉に
気がついたら声を出して読んでいました。
わたしもこんなくるみ欲しいなと思ってしまうお話でした。






関連記事
[ 2019/11/02 00:00 ] お話「あ行」 | TB(-) | CM(0)

井戸の中に、とっても綺麗なものがあるよ『もぐらのほった深い井戸』


『もぐらのほった深い井戸』


☆あらすじ☆

じゃがいも畑の隅っこにモグ吉という子供のもぐらが住んでいました。

ある秋の夜、畑の小道で平べったくて、丸くて、ピカッと光るものを見つけました。
それがお金だと気づいたモグ吉は、なにか閃いたように地主の家に向かいました。

そして、じゃがいも畑の隣の、ちょうど広げた風呂敷くらいの土地を買ったのです。

「ああ、ここはぼくの土地なんだ。この土の下どこまで行っても僕のものなんだ。
それから上は、お星さまにとどくまで!」

モグ吉はこの小さな土地に、井戸を掘ることにしました。


yuyu




偶然に拾ったお金。
賢いモグ吉は、それで土地を買い、井戸を掘ろうと思い立ちます。
はじめは、仲間たちに綺麗で美味しい水を飲ませてあげようという思いでした。
そして、とても辛抱強いモグ吉は何年もかかって井戸を作りあげたのです。

大人になったモグ吉は、前よりももっと利口で、辛抱強くて、
大変欲張りになっていました。

頑張って作り上げた井戸。
そこから湧き出る水に対価を求めることは責められることではないと思います。

「この苦労はいったい誰のためだったんだろう。」

何年もかかって苦労して、ずっと一人で井戸を掘り続けていたモグ吉に
そういう疑問が湧き上がってくるのも不思議ではないことだと思うのです。

ただ、悲しいと思ったのは、井戸の中の綺麗なものを教えてくれた子ねずみに
もっと早くに出会って欲しかったなという思いです。

純粋な気持ちで希望を持ち頑張ることと、損得勘定。
誤解を恐れずにいえば、どちらか片方だけで生きていくことは出来ないと思います。

上手くバランスをとれる人もいれば、どちらかだけに偏って立ち行かなくなることも
あるでしょう。

そんなとき、大切なことに気づかせてくれる存在がそばにいたら…と思うのです。


物語の最後、自分の思いちがいに気づきながら空にのぼっていくモグ吉に、
ほんの少し、「良かった…」という思いがこみ上げてきました。





関連記事
[ 2019/10/27 00:00 ] お話「ま行」 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

すきっぷ

Author:すきっぷ
安房直子さん作品に恋した「すきっぷ」です。


*安房直子さんご本人や関係各所とは一切関係ありません。


はじめに

最新コメント
タグ