童話作家 安房直子さんが遺した景色

安房直子さんの作品を紹介しています。
童話作家 安房直子さんが遺した景色 TOP  >  お話「た行」 >  森の中で出会った不思議なうさぎのお話『トランプの中の家』

森の中で出会った不思議なうさぎのお話『トランプの中の家』


『トランプの中の家』



☆あらすじ☆

「私」と妹あつ子はお母さんからお使いを頼まれて、
おばさんの家に行くために森の中を歩いていました。
そこで姉妹は一枚のトランプを持ったうさぎに出会います。
このうさぎはおやしきの料理番だというのです。
しかも、そのおやしきはうさぎが持っているトランプの中に
描かれている大きな家。

妹をおいてトランプの中に入り込んでしまった「私」の
うさぎの国での不思議なお話です。


youkan.jpg





アリスへのオマージュ

うさぎとトランプと森、不思議な国と言えば…。
この物語は『不思議の国のアリス』のオマージュ的要素を含んだ作品のようです。

でも、不思議の国で冒険するというような感じじゃなくて、
こんなふうにうさぎたちが暮らしてる世界があったら
見てみたいなと何気なく思わせるような印象を受けました。
出てくるうさぎたちがコミカルで楽しい物語です。

usausa.jpg





姉の誕生日

随分お久しぶりの更新です。
もう、12月。
あっという間に今年もあと十日足らずとなってしまいました。
街はクリスマスムードでいろんなものが華やかになっています。
12月といえばクリスマスですが、私にはもう一つ大切な記念日があります。
それは四歳上の姉の誕生日なのです。

子供の頃から姉は本当に「お姉ちゃんらしい」姉でした。
いつもわがままいっぱいの私の面倒をみてくれていました。
気がつくといつもそばにいて、はぐれないように私の手をギュッと握ってくれていました。
その優しさがその時の私には当たり前のことでした。
きっと、いろんなことを我慢していたのかもしれません。
でもそんな思いをおくびにも出さずいつもそばにいてくれました。

そんな姉はその後保育士になりました。
子供の頃からの夢だったそうです。

今、両親が他界して、姉は私の母親がわりのようです。
姉は家庭があるので離れて暮らしていますが、
今でも事あるごとに気にかけてくれて、
あの頃のように手を握ってくれているような安心感をおぼえます。

この物語の「私」はおばさんに渡すように頼まれたケーキと
妹の手をひいて出かけていきました。
そして、妹といえば「びっくりするほど頑固」なのです(笑)
しっかり者の姉と頑固者の自分とあまりに似ていて笑ってしまいます。
姉の誕生日近くになると思い出す物語です。

そういえば、『となりのトトロ』に出てくるメイちゃんを
姉は私にソックリだと言っていましたっけ。
サツキちゃんを見ていると姉の大変さが分かります(^_^;)


happy.jpg





関連記事
[ 2014/12/21 00:00 ] お話「た行」 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

すきっぷ

Author:すきっぷ
安房直子さん作品に恋した「すきっぷ」です。

*安房直子さんご本人や関係各所とは一切関係ありません。


はじめに

最新コメント
タグ