童話作家 安房直子さんが遺した景色

安房直子さんの作品を紹介しています。
童話作家 安房直子さんが遺した景色 TOP  >  お話「な行」

まさかの結婚式に招待されました。『猫の結婚式』


『猫の結婚式』


☆あらすじ☆


ある日、僕の家に出入りしていた野良猫のギンが結婚すると言って
招待状を持ってきました。

家で飼っている綺麗な白猫のチイ子とは比べものにならないほど
下品で汚くて傷だらけの野良猫です。
小さい頃から、たまにチイ子の牛乳をあげたりしていました。

「たった一人の人間として、僕の門出を祝福してやってください」
と言うギンに、僕は「わかったよ。」と答えました。

結婚式の日は、どしゃぶりの雨でした。

僕は最近元気のないチイ子に「ちょっと出かけてくる」と言い外に出ました。

激しい雨の中歩いていると、あとからあとからレインハットをかぶった猫たちが
追い抜いていきます。

案内されて駐車場の地下へ続く階段を降り、宴会場へ行くと
テーブルにぎっしりと猫たちが仰々しく座っていました。

案内された席が末席じゃないかと思った時、新郎新婦が入場してきました。



wdwdw




たぶん軽い気持ちで出席した僕に、まさに青天の霹靂とも言うべき事態が発生。

まさか、まさかの結婚式。

でも、「僕」にこれまで良くしてもらったこと、とても感謝していると思うのです。
「お父さん」のように思っているから末席にしたのでしょう。

そして、二十日ほど過ぎて届いたハガキ。
それは僕を思っての言葉だと思うのだけれど、
これでまた落ち込んでる姿を想像すると、ちょっと笑ってしまいました。






今日は父の日
cccccc






[ 2019/06/16 00:00 ] お話「な行」 | TB(-) | CM(0)

不思議なボタン穴と洋服屋の秘密『野の音』


『野の音』


☆あらすじ☆

泰山木の木陰に建てられた小さな洋服店。
ある日、一人の若者が見習いになりたいと訪ねてきました。
実はこの若者は妹の行方を探してこの洋服店にたどり着いたのです。

この店での仕事は普通の洋服屋の仕事と変わりはありませんでしたが、
不思議なことにボタンの穴かがりだけはしないままでした。

ある夜、寝ていると天井からパラパラと不思議な音がしました。

野原





三寒四温

3月も半ばになり、寒さも少しずつ和らいできました。
昼間は暖かい陽射しになってきてますが、
でもまだ朝晩は冷え込んでいますね。
こんなふうに寒さや暖かさを繰り返しながら、
ゆっくりと春の気配になってきているのを感じます。

3月後半には7歳離れた兄の誕生日があります。
今では同級生との体格の違いはないと思いますが、
小学校に入学した時には他の子に比べ随分小さかったと
昔母が言っていました。
4月生まれの子とは約一年違いますから、
子供の頃の一年の差は大きいですよね。
確か、ランドセルを背負ったらひっくり返ったとかいう話も
聞きました(笑)

兄との記憶を思い出してみようとすると、
あんまりないんですよね(笑)
異性で歳も離れてるからあんまり遊んだ記憶もないし。

そういえば、私が兄や姉と似てないって理由で
よく「お前は川で拾ってきたんだ」って言われてました。
もう、酷い話ですよね。
結構何回もしつこい位に言うんですよ。
それで私が母にすがりついて泣くというパターン(笑)

友達にはお兄さんがいていいな~とか言われてたけど、
世間一般のお兄さんのイメージとはかなり違いますよ(;_;)

あっ、でも自転車に乗れるようになったのは
その厳しい兄の特訓のお陰でした。
それでみんなと同じように中学校へ自転車通学できたのです。

俺様で厳しい人ですが、その厳しさのおかげで
今の私が一人でもなんとか生きていられているように思います。
母親のような優しい姉と父親のような厳しくも優しい兄に
支えられている日々です。



[ 2015/03/21 00:00 ] お話「な行」 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

すきっぷ

Author:すきっぷ
安房直子さん作品に恋した「すきっぷ」です。


*安房直子さんご本人や関係各所とは一切関係ありません。


はじめに

最新コメント
タグ