童話作家 安房直子さんが遺した景色

安房直子さんの作品を紹介しています。
童話作家 安房直子さんが遺した景色 TOP  > 

猟師一家と祝いの青い大皿『鶴の家』


鶴の家

☆あらすじ☆

むかし、猟師の長吉さんがよめさんをもらった秋の晩のことです。
猟師仲間が酒や肉を持ち寄って祝ってくれたあと、よめさんと二人きりになっていろりに向かい合っていると、戸口が細くあいて女の声がしました。

「おめでとさんです」

(今ごろ、誰が…)
長吉さんが戸口に出てみると、真っ白の着物を着て、頭にさざんかの赤い花を飾った女がゆらりと立っていました。

「おめでとさんです。これは心ばかりの祝いで」
と、女は平べったいまん丸いものを長吉さんに渡しました。

あんたさんは、と長吉さんが聞こうとしましたが、もう女の姿は消えていました。

あんな女は見たことがないなと思っていると、急に顔から血の気が引くようなことを思い出したのです。

(もしかして、今のは間違えて殺した丹頂鶴じゃないだろうか…)

禁猟になっている丹頂鶴を誤って打ち落としてしまったのはつい三日ほど前のことです。
打ち落とした者は、罰金をとられます。もしかすると、鉄砲も取り上げられ、牢屋に入れられるかもしれません。
長吉さんは急いでその場に穴を掘りました。
深い深い穴を掘ってそこに鶴を埋めたのです。

今日は長吉さんただ一人。
このことを知っている者は他には誰もいないのです。

「すまんことをしたな」
埋めるときに鶴の翼の上にさざんかを一輪、そっと落としてやりました。


そして、この重苦しい秘密を、長吉さんは来たばかりのよめさんに打ち明けました。



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★



turrrrrrr




女が祝いの品として持ってきたのは一枚の青い大皿でした。
模様がなにもない、綺麗で吸い込まれそうに深い色合いの青。

丹頂鶴の呪いでもかかっていそうなこの大皿は、はじめは戸棚の奥深くに仕舞われ、けっして使われませんでした。

何事もなく月日が流れると、よめさんは大皿を使ってみたくなりました。
麦ご飯と塩だけのおむすびや、蒸かし芋だけでも、このお皿に盛られるとどんな食べ物も美味しく思われました。

そして、この青い大皿を使うようになって長吉さんの家には良いことばかりが続くようになるのです。

呪いの品物だと思っていた大皿が一転、幸運の皿となると、長吉さんの後悔や恐れの気持ちが薄れてきたように感じました。

そして、穏やかな日々がすぎ、長吉さんが亡くなった日に大皿に変化が起きるのです。

何度も読み返しても、鶴がこの青い皿に込めた思いは何なのか推し量ることが出来ませんでした。

それでも、ラストの場面を読み返すと、打ち落とされた丹頂鶴の思いも浄化されていくように私には感じられました。


ruuuuuuuuu



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

結婚祝いにお皿?
お祝い事に贈る品物は割れ物は縁起が良くないと聞いたことがあるので不吉な感じがしましたが、それは一昔前の話、今では食器を贈るのは一般的のようです。
相手方が古いしきたりや縁起にこだわらなければ、真新しい食器類を贈るのも新生活をお祝いするのに相応しい贈り物なのでしょう。




関連記事
[ 2021/01/20 00:00 ] お話「た行」 | TB(-) | CM(0)

一緒にロシア紅茶を飲めるなら『あるジャム屋の話』

あるジャム屋の話

☆あらすじ☆

若いころから人づきあいの下手な私は、大学を卒業して就職した会社を辞め故郷に帰り、しばらくごろごろしていた時のことです。
実家の庭にある鈴なりのあんずでジャムを作ることを思い付いたのです。

くる日もくる日もあんずのジャムを作り続け、周りの反応に気を良くした私はますます熱心にジャム作りに励みました。

森の中に小屋を建てて、何度も失敗を重ねた末に、なんとか売り物になるジャムが作れるようになったのが翌々年でした。

食料品店に持っていけばすぐに買ってもらえると思っていたのですが、どこに行っても私のジャムは相手にされませんでした。

ある夜のこと。
小屋に戻ると誰もいないはずの室内から灯りがこぼれていました。
恐る恐る覗いてみると、そこには綺麗な牝鹿がいたのです。
テーブルには私の皿とティーカップ。
皿の上のパンには私の作ったいちごジャムがたっぷりと乗せられ、ティーカップにはジャムを落とした紅茶。

私はすっかり嬉しくなりました。
私のジャムを紅茶に入れて飲んでくれるひとがいるなんて。

「素晴らしいです。色も香りも最高です」と言ってくれた鹿の娘に、それでもジャムは全く売れないと言うと真剣な目をしてキッパリとこう言ったのです。

「それはあなた、きっと、売り方が悪いのです」


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


aaas




商売下手でも美味しいジャムを作る「私」。
そして、良き理解者であり、良き協力者である娘鹿と一緒に作り上げたジャムはどんどん売れていきます。

そして、忙しい中にも一仕事終えてふたりで飲むロシア紅茶。

「いつまでも一緒にいられたら、それでいいんです」

偽らざる娘鹿の素直な気持ち。

ふたりの気持ちが通じあっていても、この姿のままでは…ということを、親鹿は分かっていたのでしょう。
そばにいる大切な存在が、周りから「普通で一般的」ではない「異質な」相手だと見られたら、この社会では生きづらく、もしかしたら排除されてしまうかもしれない。

ただ相手を思いあって一緒にいたいだけなのに、そんな切ない思いが込み上げてきました。


bbbl



物語は美味しそうなジャムや季節の果実が出てきたり、私にはふたりの会話まで聞こえてくるような気さえして、好きなお話です。

安房直子さんの数ある作品の中で、この表題で書籍にならないかなと思う作品がいくつかあるのですが、この『あるジャム屋の話』もその一つです。
挿し絵はどんな感じが良いかなとか考えだすと想像が止まらなくなるほどです。







関連記事
[ 2020/12/13 00:00 ] お話「あ行」 | TB(-) | CM(0)

テーブルが森の一本の木だったとき『白樺のテーブル』


白樺のテーブル


☆あらすじ☆

ぼくの部屋に、白樺で出来た小さなテーブルがあります。
白くて細い枝を組み合わせて作った可愛らしいテーブルです。

友人がぼくの引越し祝いにと、民芸品の店で見つけて贈ってくれたものです。

「こんなコンクリートの壁に囲まれて暮らすんだから、
せめてテーブルくらい素朴なのを使って、森に行ったつもりになるといいよ。」
そう言って、これを置いていったのでした。

はじめこそ、仕事の合間に一服したり、コーヒーを飲んだりする時に
使っていたのですが、忙しくなるとテーブルを使うのが面倒になり、
いつしか、部屋の隅に追いやられ、物置台になっていきました。

ある日のこと、部屋に妙なお客がやってきました。
ひょろりとした若いで、緑色の服はびしょ濡れでした。

「おたくに木の枝でこしらえた白いかわいいテーブルがないでしょうか」

「ああ、あれのこと?」ぼくはホコリが積もった物置台を指さしました。



sisisisisisisisis




自分が一番大事にしていた木が切り倒されて、テーブルになって、
そのテーブルが重い重いと泣いている夢を見るという不思議な

まだ、テーブルが森の中の一本の木だったときの幸せな思い出を
は知っているのです。
ある日突然、森の木々が切り倒されて、何もない空き地になってしまったことも。


物語に漂う、深い森の中の、静かで淋しい空気感や、森のの哀しさが
味戸ケイコさんの絵ですんなりと引き込まれていきました。







関連記事
[ 2020/05/08 00:00 ] お話「さ行」 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

すきっぷ

Author:すきっぷ
安房直子さん作品に恋した「すきっぷ」です。


*安房直子さんご本人や関係各所とは一切関係ありません。


はじめに



良かったらポチッと押してください↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新コメント
タグ