童話作家 安房直子さんが遺した景色

安房直子さんの作品を紹介しています。
童話作家 安房直子さんが遺した景色 TOP  > 

海の町のお祭りと桜貝『海からの贈りもの』

海からの贈りもの

☆あらすじ☆

夏が終わって、海水浴のお客が帰ってしまったあとの海の町のお祭り。

病気のお母さんが「好きなもの買っておいで」と渡してくれた五十円玉二つをポケットに入れて、一人で夜店に来たかな子。

これで自分のものを五十円分、お母さんのお土産を五十円分買いたいなと思っていました。

いつもは「見るだけのお祭り」でしたが、久々にもらったお小遣いが嬉しかったのです。
でも、五十円で買える品物なんて、めったにありません。


すると、「一袋、五十円よ」という声が聞こえました。

りんご箱を一つ置いただけの小さな店に、青いネッカチーフを被ったおばあさんが座っていて、箱の上には綺麗な桜貝がたくさん並んでいたのです。


sakuuu



★★★★★★★★★★



たくさんの人たちが賑わうお祭りの夜店。

もらったお小遣い全部を使ってしまえば買えるものはあったはずなのに、お母さんへのお土産の分を使わないように、半分のお金で買えるものを探していたかな子の気持ちが優しくて切なくなりました。

自分の分のお金で買った、たった一握りの桜貝に導かれ出会ったおばあさんたちからの、かな子の気持ちに呼応するような贈り物。

そのラストに暖かい気持ちになりながら、私にも贈り物を頂いたとき、気に掛けてもらえた嬉しさがあったことを思い出しました。





関連記事
[ 2022/03/06 00:00 ] お話「あ行」 | TB(-) | CM(-)

胸の中のかまどが真っ赤に燃えている女の子のお話『わるくちのすきな女の子』

わるくちのすきな女の子

☆あらすじ☆

人の悪口を言うのも、人にいじわるをするのも好きな女の子がいました。

この女の子は咲きたての花のような綺麗な顔をして、頭も良くて、遊びも上手でした。
ゴム飛びも一番高く飛べる女の子に友達は憧れて集まってくるのです。
そして、女の子はその中でいつも一番威張っていました。

ゴムとびが下手な友達を仲間外れにしようと言った時も、ほかの友達は同調していきました。

ある日のこと、灰色のボロボロの服を着たみすぼらしいおばあさんから、虹のように美しいゴムひもを借りてゴムとびをしてみると、見えるはずのない遠くの海が見えたのでした。

「見えたわ。」

思わず手を叩こうとすると、女の子の両手は灰色のつばさでした。

女の子は小さな灰色の鳥になって、今、公園の上に浮かんでいるのです。

kageee



★★★★★★★★★★



灰色の鳥の姿になった女の子は魔法をかけたおばあさんを探しに飛び出します。
町中を探し回り、ずっと遠くの山々を越えていきます。

その先々で出会った花やきつねにも悪口を浴びせかける女の子。
そして、女の子は「わるくち鳥」と木や草花、森の動物たちから噂されるようになります。

女の子自身も分かっていました。
胸の中に真っ黒いかまどがあって、ゴーゴーと音をたてて真っ赤に燃えあがると、悪口があとからあとから沸いてきて、誰かに浴びせかけると何とも言えない良い気持ちになることを。

自分でもどうにも出来ないと思っていた激しい意地悪な炎は、人間に戻りたいという強い気持ちで出会ったさまざまな存在との交流のなかで変化していきます。
今まで悪い方向に動いていた強固な気持ちが、根気強くて勇気のある子だと言われた瞬間は、読んでいて何故か私も肩のチカラが抜けていくような気がしました。


最後に、物語の中で特に印象的で、鼻の奥がツンと苦しくなった台詞を記しておきます。

「あの二人は、きっと幸せに生きてゆくよ。底抜けのお人好しの上には、幸運の星がついているんだよ。」


happyyyy

※星と言っているのに、何故かこんな青空が頭に浮かんだので。






[ 2022/01/23 00:00 ] お話「わ行」 | TB(-) | CM(-)

不思議な少女が見せてくれたオレンジ色の国『夕日の国』

夕日の国

☆あらすじ☆

スポーツ用品を飾るショーウィンド。
ぼくはその小さい方の窓をお父さんから任されました。

表通りに面している大きい窓は、真新しいスポーツ用品が綺麗に飾られています。

一方、横町の路地に面している小さい方の窓はガラスに隙間があって汚れているし、場所柄人目を引かない窓です。

それでもぼくはショーウィンドを任されたことが嬉しかったのです。

テニスのラケットや野球のグローブ、登山靴も良いなと考えを巡らせましたが、お父さんから渡されたのは縄跳びのなわ一本と運動靴一足だけでした。

オレンジ色の紙を壁に貼って、縄跳びのなわと運動靴を飾った窓はなかなか素敵です。
でも、それは誰にもわかってもらえませんでした。

ところがある日、素敵な飾りつけだと褒めてくれる女の子に出会いました。

「うしろのオレンジ色が、まるで夕日の国みたい」

sssan


★★★★★★★★★★


この物語を読み終えた時に感じたのは、優しい人ほど孤独なんだなという思いでした。

夕日の国や不思議な女の子よりも、主人公の「ぼく」の気持ちの動きが興味深かったのです。

不思議な女の子「咲子」からオレンジ色の水が入ったびんを貰う時のためらいや、夕日の国らくだに対する思い、そして黙っていなくなった咲子への思い。

見向きもされなかったショーウィンドの飾りつけを初めに認めてくれた咲子が見せてくれたオレンジ色の景色は、「ぼく」の心を掴むのに十分過ぎました。

夕暮れの砂漠にひとりぼっちのらくだ
背負っている荷物を下ろして、背中のこぶをさすってあげたいという「ぼく」の思いが優しくて、同時に何故かたまらなく悲しくなりました。

rakurrr



関連記事
[ 2021/10/10 00:00 ] お話「や行」 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

青と緑璃

Author:青と緑璃
安房直子さん作品に恋した「すきっぷ」改め「青と緑璃」です。


*安房直子さんご本人や関係各所とは一切関係ありません。


はじめに



良かったらポチッと押してください↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ